Help (jp)

iMove ヘルプ

一般

iMoveを起動すると、左上の角には「情報」ボタンがあります。「情報」ボタンをダブルタップするとこのアプリの情報を表示する画面に移動します。戻るには左上の「戻る」ボタンをダブルタップします。

右上角には「設定」ボタンがあります。「設定」ボタンをダブルタップするとiMoveの設定画面が開きます。戻るには左上の「戻る」ボタンをダブルタップします。

これら2つのボタンの下は、「現在地」セクションです。現在地セクションの一番上には、現在地についての情報(住所など)が表示されます。

その下には、「周囲の施設」というボタンがあります。このボタンをダブルタップすると画面が切り替わり、現在地の付近にある施設のリストが表示されます(距離の近い順)。戻るには左上の「戻る」ボタンをダブルタップします。

「周囲の施設」ボタンの右隣には、「詳細情報-周囲の施設」のボタンがあります。

このボタンをダブルタップすると、画面が切り替わり、「周囲の施設リスト」に表示する施設のカテゴリーの選択を行うことが出来ます。戻るには左上の「戻る」ボタンをダブルタップします。

「周囲の施設」の行の下には、「自動通知」の切り替えボタンがあります。「自動通知」の詳細は自動通知の章を参照してください。その下は「音声メモ」セクションです。中には「この場所で音声メモを追加」と「音声メモを表示」ボタンがあります。

「この場所で音声メモを追加」をダブルタップすると録音画面に切り替わり、現在地について音声でメモを残すことが出来ます。

「音声メモを表示」をダブルタップすると、これまでに記録された全ての音声メモが表示されます。

「現在地」セクションについて

「現在地」セクションでは、以下の情報を得ることが出来ます。

  • 現在地の住所
  • 位置情報サービスの精度
  • デバイスが向いている方角
  • 進行方向(移動している方角)
  • 移動速度

「設定」画面で、現在地セクションに表示したい情報を絞り込むことが出来ます。

例えば、移動速度や進行方向の表示をオフにする事が出来ます。

現在地の情報を更新するには、現在地の欄をダブルタップして下さい。

以下に表示の一例を挙げます。

”日本橋茅場町1丁目11番2号, 中央区, 精度: 低, 方角: 西, 進行方向: 南西, 速度: 4 キロメートル毎時”

この通知は、現在地の住所に加え、GPSの精度が低であり、デバイスの向きが西を向いていて、ユーザーが南西方向に時速4キロで移動していることを表します。

他のVoiceOver対応アプリと同様、メッセージの読み上げは文字単位、単語単位の切り替えが可能です。切り替えるには、ローターオプションを使用して「文字」か「単語」を選択します。一本指フリック上か下で読み上げます。文字単位、単語単位の読み上げは、特に海外の住所を読み上げる際に便利です。

注意!現在地の精度はGPS信号の強度とネットワークの影響を受けます。ネットワーク接続が無い場合、iMoveはその旨のエラーを表示します。GPS精度が「高」の場合、誤差は10メートル程度です。精度が「中」の場合、最大で100メートルの誤差があります。精度が「低」の場合、数百メートルの誤差がある可能性があります。

「周囲の施設」について

「周囲の施設」ボタンをダブルタップすると画面が切り替わり、近辺にある施設一覧が距離の近い順に表示されます。

特定のカテゴリーの施設のみ表示する事も出来ます。カテゴリーを選択するには、

  • 「詳細情報-周囲の施設」をダブルタップします。
  • 任意のカテゴリー名の上でダブルタップすると、そのカテゴリーの解除/選択を行うことが出来ます。

「自動通知」について

「自動通知」はダブルタップでオン/オフの切り替えが出来ます。「自動通知」がオンの場合、現在地の情報や周囲の施設、または音声メモが自動的に再生されます。

「設定」で、自動通知してもらいたい項目を絞り込むことが出来ます(音声メモのみ、など)。

「自動通知」がオンだと、iMoveを閉じた後も通知センター経由でメッセージが表示され、VoiceOverで読み上げられます。

「音声メモ」セクションについて

現在地について、音声でメモを残すことが出来ます。

音声メモを録音するには、「この場所で音声メモを追加」をダブルタップします。

録音が開始する際、バイブが振動します(本体の設定でバイブレーションがオンになっている必要があります)。バイブの直後から録音が開始されます。録音を終了するには、画面をダブルタップするか、無音状態にします。録音終了時にもバイブが振動します。

録音した場所の住所が、音声メモの名前になります。

同じ場所で複数の音声メモを記録することも可能です。

音声メモのリストを表示するには、「音声メモを表示」ボタンをダブルタップします。

保存されている全ての音声メモが、現在地から近い順に表示されます。

音声メモをダブルタップすると再生されます。

「設定」画面について

iMoveの全ての設定はこの画面にまとめられています。

「住所」セクション

距離

指定の距離(メートル)以上移動した場合に、住所の変更を通知します。

間隔

住所の変更を通知する間隔(秒)

市区町村

「市区町村」がオンの場合、現在地の市区町村名を常に読み上げます。オフの場合、移動して市区町村名が変わった場合のみ、読み上げます。徒歩のように移動速度が遅い場合、この設定をオフにすることで、読み上げられるメッセージを短縮することが出来ます。

方角

「方角」がオンの場合、デバイスの向いている方角を読み上げます。

注意!デバイスの指している方角は不正確な場合があります。デバイスが搭載しているコンパスの精度は、周囲の磁場の影響を受けます。

進行方向

「進行方向」がオンの場合、ユーザーが移動している方角を読み上げます。

注意!「進行方向」は検出可能な場合にのみ表示されます。

速度

「速度」がオンの場合、移動の速度を読み上げます。単位はキロメートル毎時です。

注意!「速度」は検出可能な場合にのみ表示されます。

自動通知に含める

「自動通知」設定がオンの場合に、住所を含めるかどうかの設定。

「周囲の施設」セクション

距離

指定の距離(メートル)以上移動した場合に、周囲の施設を読み上げます。

繰り返しの周期

前回と同じ施設を読み上げる際、最低限開ける秒数。

自動通知に含める

「自動通知」設定がオンの場合に、周囲の施設を含めるかどうかの設定。

「音声メモ」セクション

距離

音声メモを録音した場所から指定の半径(メートル)内に入った場合に、音声メモを再生。

繰り返しの周期

前回と同じ音声メモを読み上げる際、最低限開ける秒数。

自動通知に含める

「自動通知」設定がオンの場合に、音声メモを含めるかどうかの設定。「自動通知」がオンの場合、iMoveを閉じていても音声メモを保存した場所に近づくとVoiceOverで通知されます。

「システム」セクション

スクリーンのロックを防ぐ

iMoveが起動している間、スクリーンが自動ロックされることを防ぎます。

注意!このオプションがオンの場合、画面が非表示にならないため、バッテリーの消耗が激しくなります。このオプションを使用する場合、スクリーンカーテンをオンに(3本指でトリプルタップ)すると良いでしょう。

バックグラウンド起動時間の制限

このオプションがオンの場合、iMoveのバックグラウンド起動が30分を超えると自動的にアプリを終了します。オフの場合、起動したままになります。ホームボタンでiMoveを閉じる際、「自動通知」がオンになっていると、iMoveはバックグラウンドで動作を続けます。

Comments are closed.